2009年06月19日

しっぽの毛が変…?

家 Petwell > 犬の病気辞典 > 犬の甲状腺機能低下症

家 急に老け込む もしかして「甲状腺機能低下症」?

最近、じぇ〜疑いあり?とされた甲状腺機能低下症ですが、
上記のサイトの症状から見ると、半々という感じで…。

昨年秋くらいか皮膚の黒いシミみたいなのが広範囲になったような気がするし、
しっぽの毛が一気に抜けたし、食欲はすごいし、
運動もフードも同じ量なのに、どんどん体重は増えるし、
疲れやすくなって寒さに弱くなったような気もするし…?

でも、しっぽの毛が抜ける時はネズミのようになってしまうらしいし、
身体に左右対称の脱毛はないし、元気は相変わらずあるし、
冷蔵庫の音や食器の音などに反応していちいち飛んでくるし、
散歩大好きだし…?

近年の研究でコレステロール値が異常に高いことがわかったそうで、
これはあてはまる…?ここ数年、測りきれないほど高かったので。


一番気になったのはしっぽの変化で…
 
 
i0810.jpg

こちらは昨年の10月。まだふっさふさで地面を引きずっていた頃。
しっぽの先を水平に保持しているので地面には着いていませんが。
(あ、しっぽの長さはホックの所までなので長すぎません。念のため。)


i0902.jpg

今年の2月。なんだかすっかすかに…。


i0904.jpg

今年の4月。ほとんど長い毛が残ってません…。


この数ヶ月の間にこんなになってしまい、
5月には長い毛は残らず抜けてしまいました。
まるで、短くじょきんと切りそろえた感じです。
黒い毛の方も下からどんどん短くなりつつあります。

初め、しっぽの白い毛が束で抜けているので、
自分で立つときに踏んでしまったのかな?と
思ってましたが、そんなことが何度も何度も…。

お薬を飲み始めて1ヶ月弱、白い毛はまるで最初から
11cmくらいしかなかったようになってはいますが
結構、生えそろってふさふさしてきている気がします。

そのうち、数値の検査をすることになると思います〜。


この病気の怖いのは、見た目はともかく、
心臓の機能など、内臓の機能が低下することのようです。
なので、同じ運動量・フード量でも、
基礎代謝分が減ってしまうのでドンドン太るらしく…。

逆に、甲状腺機能亢進症の場合、
内臓がフル活動してしまい、
同じ運動&フード量でも、やせていくそうです。



Thyro-Tabs
薬の製造会社?
チロタブの説明の?PDF
 
 
タグ:犬の病気
posted by じぇ〜まま at 22:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | う〜〜〜ん;| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック