2012年01月20日

2012年1月の病院履歴…?

松の内が明けるころから急に具合が悪くなりました。
昨年11月の検査で少しの貧血と肝臓の数値がだいぶ悪く、
肝臓の薬を飲み始めていましたが…。

それにしても…
後ろ足はだいぶ前から、きかなくなっていましたが、
13歳の誕生日(昨年の9月)を迎えてからというもの、
毎日毎日少しずつ老いていくのがわかるくらいです。

…と思っていましたが、これはこの頃から少しずつ
 腎臓の具合が 悪くなっていたのかなと今では思います。


【1月】

昨年から続く、ドライアイ。目ヤニがすごく、朝、目が開かない事も。ヒアレイン1日4回。赤み、痒みが強い時はネオメドロール軟膏(ステロイド入り)。

1日2回:レニメック1チロタブ1・100ウルデナシン1.5


1/1〜3、アイムス腸管アシスト缶詰で、すごい食欲。

※この頃?からすごく小さく丸まって寝始める

1/4・6朝食べず

1/8〜9、規定量の半分強

1/10、12時にほとんど消化された黄色いのを吐く
小さく丸まって寝が続くので獣医さんへ。
計:155g

血液検査(前回11/14):貧血変わらず。コレステロールが久しぶりに正常範囲内に。肝臓の数値も2項目正常範囲内へ。ALPアルカリ性ホスターが1483→626(正常値47-254)。
腎臓に心配な数値。ALBアルブミン2.7→2.3(2.6-4.0)。CREクレアチニン1.0→1.4(0.4-1.4)。BUN尿素窒素37.3→48.7(9.2-29.2)
尿検査:尿比重1.010。蛋白質±。
精密検査:尿中アルブミン5.8/尿中クレアチニン44.3比=0.131(0.10以下)
糸球体腎症の疑い
体重:21kg


1/11、朝食べず。
ゆるうん
計:30g

1/12、2回ゆるうん
計:75g (+ビオ5)

1/13、夕方に水のような黄色いのを吐く
2回ゆるうん
計:35g (+ビオ2)

1/14、朝、なぜか寒い廊下で寝ていて細かく震えていた。
ゴロン寝からジタバタして起き上がれず自力で立てなくなる
寝ていても途中でオスワリの態勢になってぼーっとしたり変。
2回目ドロドロうん
痛み止めプレビコックス227を服用することに。
計:135g +白米(+ビオ2)

1日2回:レニメック1チロタブ1・100ウルデナシン1.5
1日1回:227プレビコックス0.5


1/15、支えてあげても前後足ともしっかりせずなかなか立てない
立てば歩けるが小さな段差でガクッとなる。
朝、水を少量ケポッと吐く
腹の底からは吠えられず、高い力ない吠え方。→ この後ずっと
小さなパンのかけらをあげたら、数分間口をクチュクチュ、
えづくような感じで苦しそう。
発作のような変な息(食べ物の匂いを嗅ぎながらなので辛くはなさそう)。
缶詰だけ拾ってあげると少し食べる。
いつもと違う口臭。ドブの臭いのような。
2回目少しゆるうん
計:30g (+ビオ2)

1/16、朝に水のような黄色いのを吐く
自力で立ち上がれる。ゴロンとしても、平たい伏せにしたりで
寝方が落ち着かない
散歩は大喜びで昨日より足取りはしっかり。走りが遅いけれど早足はOK。
フード・缶詰は匂いを嗅ぐのもいや。
朝:干しイモ・焼き芋を口に持っていけば食べる。
夕:お腹すいたと言いに来るも焼き芋だけ。白いご飯も食べず。
夜:ヒルズ腎臓用k/d・50gをガツガツ食べる。
計:50g (+ビオ2)

1/17、朝に大量のドロッとした黄色いのを多く吐く
大きめのうん○、最後にゆる。散歩、自分から切り上げ
立ったままボーッとすることが多い。フセの態勢で寝ることが多い。
朝:干し芋食べず。ユーカヌバ・ヘルシーエイジング・プラス40gをガツガツ。
昼:ロイヤルカナン腎臓サポート30gをガツガツ。
夕:ヒルズk/d・50gをガツガツ。
夜:ロイカ腎臓サポートを匂いを嗅いで食べず。
計:120g (+ビオ1)

1/18、朝食欲なし。ゆるめのうん。
午前中、切黒棒1、焼き芋1、ロイカ腎臓サポート30g。
夕:スペシフィックCID高消化性50gをガツガツ。
夜:スペシフィックCID高消化性30gで残す。
獣医さんまでの散歩、行きは早足、帰りは歩きになってしまう。
でも距離は行きたがる。
寝かたはフセのまま。ずっと足が動く?ことも。
痛み止めはやめて、チロタブを2倍に。
計:110g

体重:20.4kg(8日前より-0.6kg) 体温:37.3度・低体温?

1日2回:レニメック1チロタブ2・100ウルデナシン1.5


1/19、前夜の多飲、朝の多尿。
10時:スペシフィックCID高消化性5gで残す。焼き芋0.5で残す。
夕:スペシフィックCID高消化性15g、ロイカ腎臓サポート30g、焼き芋1。
夜:ユカヌバ・ヘルシーエイジング・プラス40gをガツガツ、
   ロイカ心臓サポート2を10gで残す。
横になって寝られるようになる。いつもと違う右上寝。右手右足が良く動く?
夜少しオスワリとフセの態勢。
散歩の反応が悪く、ムリヤリ立たせたら行く気になる。短めで自主帰宅
ほとんど歩き。
計:110g (+ビオ7)

1/20、4時半、外に行きたがるも玄関で動かず。30分後、部屋へ入って就寝。
朝:焼き芋1切れ・ヨーグルト1匙のみ。薬も嫌がるように
   干し芋、フード、他全て×。うんころ。
昼:キュウリをガツガツ。
16時:薯蕷饅頭の皮をガツガツ。うんころ。
夕:ユカヌバ・DアシストKOセレクトプロテイン40g(-4粒残し)。他フード全て×。
夜:ユカヌバ・Dアシスト10g・焼き芋1・コーンフレーク・ヨーグルト。
   白米、干し芋、他フード全て×。
フセで足かちゃかちゃ。右下で寝られる時間も。
計:50g (+ビオ1)

1/21、朝:コーンフレーク・キュウリのみ。焼き芋×。うん。
昼:デビフ・リカバリーサポート、茹でキャベツをガツガツ。他は全て×。
夕:デビフ・リカバリーサポートをガツガツ。他全て×。うん。
夜:デビフ・リカバリーサポートと茹で大根をガツガツ。他全て×。
深夜3時に多飲。しっ○。
計:210g (+ビオ1)

レントゲン:拡張型心筋症は以前と変わらず。腰から1番目と2番目の脊椎の間隔が狭く白くもやもや。他は異常は見当たらず。
血液検査(前回1/10):貧血気味。アルブミンが2.3→2.0(2.6-4.0)とさらに下がり、クレアチニンが1.4→2.2(0.4-1.4)とさらに上がり、尿素窒素が48.7→98.6(9.2-29.2)と倍に。総蛋白も正常値内ながら下がり、ナトリウムとクロールは正常値より低い。腎不全状態。
体重:19.7kg(3日前より-0.7kg) 体温:38.5度

1日2回:レニメック1チロタブ2・100ウルデナシン1.5プレロン4


1/22、朝、多飲多尿大変。
朝:デビフ・リカバリーサポートをガツガツ。うんどろ。
昼:焼き芋1.5ガツガツ。
夕:デビフ・リカバリーサポート、キュウリをガツガツ。ヨーグルト・コーンフレーク1。
   白米、苺他全て×。
夜:デビフ・リカバリーサポートをガツガツ。ビオフェルミン他全て×。
散歩はゆっくりゆっくり歩き。1時間くらい。
計:210g (+フェロミック4)

1/23
朝:デビフ・リカバリーサポートをガツガツ。うん。
昼:焼き芋は匂いでダメ、黒棒・エビオス4。
夕:デビフ・リカバリーサポート、焼き芋×、大根・カステラ◎。うん。
夜:デビフ・リカバリーサポートをガツガツ。
散歩は動かず。
計:210g (+フェロミック1・ビオ2)

1/24、3時寝苦しそう。4時水飲んでしー。
朝:デビフ・リカバリーサポートをガツガツ。
昼:焼き芋×、カステラ・エビオス4。
夕:デビフ・リカバリーサポート、小松菜◎。
夜:デビフ・リカバリーサポートをガツガツ。げりっぽ。
散歩は動かず。
計:210g (+フェロミック1)

エコー:胆泥がまた溜まっている・胃の内部がおかしいかも・他異常は見当たらず。
血液検査(前回1/21):総蛋白とアルブミンがあがり正常値となるも、この状態での上がり方は脱水症状とのこと(目も周りもくぼんでいる)。クレアチニンが2.2→2.8(0.4-1.4)。尿素窒素が149.2(測定できるのは140まで・半量で測定)。カルシウム8.1(9.3-12.1)、リン11.8(1.9-5.0)
対処法皮下輸液。500mlを一日おきに。
体重:18.6kg(3日前より-1.1kg) 体温:37.5度・便があると低くなることもあるとのこと。
缶詰め1日に4缶へ。

1日2回:レニメック1チロタブ2・100ウルデナシン1.5プレロン2フェロミック2


1/25、朝気持ちよさそうに寝ているのでそのままに(世界地図)。
外に出してもしー2回。
下くちびるのただれが取れて血が出て、新しく盛り上がり。最近口臭なし
朝:デビフ・リカバリーサポートをガツガツ。
昼:デビフ・リカバリーサポートをガツガツ。うん。
夕:スポンジ・パン・黒棒のかけら
夕:デビフ・リカバリーサポートをガツガツ。キャラメルコーンかけら。
夜:デビフ・リカバリーサポートをガツガツ。げりっぽ2回。
散歩1ブロック5分のところを立ち止りつつ30分
計:280g (+フェロミック1)

1/26、3時水のみ。6時水のみ・しー。
朝:デビフ・リカバリーサポートをガツガツ。げりっぽ。
昼:小松菜少しでいらなくなる
昼:デビフ・リカバリーサポートをガツガツ。とうとうげり2回。
夕:チーズ蒸しパンのかけら。
点滴帰りで多量の水を飲み、起きられないくらいにグッタリ。
夕:デビフ・リカバリーサポートを2/3のみ。
夜:缶詰め食べず。黒棒のカス少し。白菜の水煮。
計:170g (+フェロミック2・ロペラミド1)

皮下輸液:500ml×2。
体重:18.6kg(2日前と同じ) 体温:38.5

1日2回:レニメック1チロタブ2・100ウルデナシン1.5プレロン2フェロミック2ロペラミド1


1/27、3時ダッシュでしー。げり2回。多量の水と粉々白菜を吐く
大量の水を飲む。
朝:デビフ・リカバリーサポート。食パン×。し×3。
昼:デビフ、指でひとすくいのみ。他×。
夕:デビフ・リカバリーサポート50gのみ
夜:デビフ、ふたすくいのみ。黒棒、自分で立ってくるも2かけらで×。
15時に散歩、45分間。うんゆる固まり×2。
計:100g (+フェロミック2・ロペラミド2)

1/28、朝方何度も顔をあげてクチュクチュ。胃液
朝:デビフ、強制給餌4すくい。
昼:平目水煮3切れ。カステラ2かけら。
寝ている途中で顔をあげ、透明な胃液のようなものを少し。
夕:平目水煮3切れ。カステラ×。
夕:デビフ、20g。鱈水煮ほぼ一切れ。
夜:かぼちゃ大きめ2個。
夜:カステラ3かけら。かぼちゃ×。
19時、片足あげしー。早歩き。うんスタイルするもなし。
22時、30分間の散歩。ゆる固まりうん×2、粘液うん1。
計:20g+魚 (+フェロミック2・ロペラミド2)

皮下輸液:500ml×2。
エコー:片方少し腫れているようにも?特に異常見つからず。
体重:18.15kg(2日前より-0.45kg


1/29、朝、水げり
朝:デビフ、強制給餌4すくい。
昼:豆乳サツマイモクッキー、5個くらい。
寝ている途中で顔をあげ、透明な胃液のようなものを少し。
夕:デビフ、強制給餌4すくい。鱈のかけら、小松菜数本。カステラ×
夕:大根の水煮、3cm分くらい。
夜:ブルーウィダネス・サーモン30g、がつがつ。残りや、他の数種類のドライは×。
うん固まる。
計:50g+野菜 (+フェロミック2・ロペラミド2)

1/30
朝:ブルーウィダネス・サーモン10g、デビフ20g、鱈水煮一切れ。大根水煮×。
1回目水下痢、2回目ゆる固まりうんに少量の血
昼:リンゴ水煮×。
夕:豚バラ煮35g。ドライ×。
夜:プチトマト数個。
夜:鯛水煮一切れ。ゆる固うん。
深:発作のような息→大量の消化が進んだ水のようなのを吐く
計:20g・魚2切れ・豚バラ35g (+ロペラミド1)

皮下輸液:500ml×2。
注射:蛋白質の…。
血液検査:腎臓による貧血・体重減少が進む。BUN尿素窒素が149.2→102.5(正常値:9.2-29.2)、CREクレアチニン2.8→1.8(0.4-1.4)、IPリン11.8→7.3(1.9-5.0)に。
体重:17.75kg(2日前より-0.40kg


1/31
09:デビフ、強制給餌4すくい。
11:あずきデニッシュ2かけら、エビオス4、ドクターズダイエット幼犬用20g。
16:豚バラ35g、大根水煮たくさん。
17:イモクリじまん一切れがつがつ、ドクターズダイエット幼犬用20gがつがつ。
19:りんごチン1/6を2/3くらい。
21:豚バラ40g、キャベツ煮数枚。
01:急いで庭でゆる固うん。
03:外に出たがるも何もせず。
散歩14時半ごろ、1時間。まだ行きたそう。ゆる固うん2。
計:40g・肉75g (+フェロミック2・ロペラミド1)


※缶づめはカロリーからドライに換算した重さ。
※魚や肉は水煮した後の重さ。
 
 
【メモメモ】

低体温:低体温症は軽度の32〜35度で、元気がなく震えなど。
寒い環境に長時間放置でも起こる。体温調節機能が衰えた老齢犬にも多い。
悪液質に陥った犬、甲状腺機能低下症、代謝異常でもみらる。

糸球体腎症
[原因]免疫が関係していると考えられているがはっきりした原因は不明。フィラリア症・ライム病・子宮蓄膿症・犬伝染性肝炎・リンパ球性白血病・リンパ腫・免疫介在性溶血性貧血・膵炎・クッシング症候群(副腎皮質機能亢進症)といった病気が関連することも。
[症状]尿の量が減る・尿の色が濃くなる・血尿・むくみ・食欲低下嘔吐・脱水・口臭・痙攣等の神経症状など。
[治療]発症の原因と考えられる病気がある場合はその病気の治療。腎不全を起こしている場合は、その治療。
 
 

病院 具合、悪いんです 2012.01
病院 具合、悪いんです 2012.02

病院 2009年度の病院履歴…?
病院 2010年度の病院履歴…?
病院 2012年1月の病院履歴…? この記事
病院 2012年2月の病院履歴…?

病院 病気まとめ記事「じぇ〜の病気など一覧



【介護・看護のつぶやき】
 ※キチャナイ場合もあるのでツイッターでは自粛♪

・お腹の調子がすこぶる良かった「ロイヤルカナン・消化器サポート・高繊維」
 一切受け付けず匂いを嗅がせると逃げる始末。

・試しにもらった2缶をすごい勢いで食べた「ユーカヌバ・腸管アシスト缶」
 12缶購入したら、具合が悪くなったので今は匂い嗅がせると逃げる始末(T_T)

・とにかく食べられる物を!と獣医さんがいろんな療法食のサンプルをくれましたが
 食欲にムラがあって、朝匂い嗅ぐのもイヤだったのに夜はガツガツ、その逆も…。

・なんとか毎日100g前後といつもの薬を飲めてますが、やはりお腹はゆるゆるに…。

・ゆるゆるでうんころりん(立った時などに出ちゃう)は勘弁して下さい…。

・それ以降、うんころりん一切ないです。

・それどころか、ステロイド飲むと立つときや寝て起きた時の
 尿漏れが一切ないです。
 
 
タグ:犬の病気
posted by じぇ〜まま at 02:09 | Comment(2) | TrackBack(0) | う〜〜〜ん;| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
じぇ〜〜く〜〜ん!

びっくりしてます〜

のあが、車乗車拒否するため、
近場で、じぇ〜くんと会えないかな?
遊べないかな?と考えていました。

お互いのワンの年齢を考えると、
何かが、起こるだろうなぁーーとは、
解っているんだけど。

何が、食べられるのかな?
食べたいものがあったら、差し入れしますよー
Posted by ももいぬまま at 2012年01月20日 22:09
やっぱり年取ると車も疲れるんでしょうかね〜?
じぇ〜もだいぶ前からよく乗車をためらってましたが…。

少し前まで鬱陶しいくらいになんでもくれくれだったのに、
今は食べないものがだいぶ…(>_<)

絶対に食べるものは、デビフのリカバリーサポート。
1缶450円×3/日で、ヒエ〜(~o~)です。
仕方ないですが…(-_-;)
ネットで安く買えないかなと思いましたが
療法食なので扱っているところが無いようです〜。

あとは、大根、キュウリ、キャベツ、食パン、
カステラ、黒棒、ヨーグルト、コーンフレーク、
どれも野菜以外はほんの一口くらいしかあげられないものばかり。

おなか弱いしで、困ってます〜。

Posted by じぇ〜まま at 2012年01月24日 00:58
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック