2012年05月12日

八ヶ岳へ1 登美の丘ワイナリー1

「想い出の散歩道めぐり」のラスト。
暖かくなるのを待つこと数ヵ月、
やっと行くことができた想い出いっぱいの八ヶ岳です。


まずは、双葉SAの出入口を使って…。
犬がいると出来ない楽しみ vol.3
ワイナリー、見学ツアーに参加♪

良い天気で日がさんさんと降り注いで、駐車場に日影がなくても
気になるのはチョコ菓子くらいなもので、のんびりと〜♪


i12051201.jpg

家 サントリー 登美の丘ワイナリー
    ネットからツアーの予約ができます。

受付を済ませ、予約のツアーの時間より早く着いてしまったため、先にワインを購入しようかと思いましたが…。こちらの場内は山一つ分を一方通行でぐるっと回る順路となっており、ワインショップ・レストランへは車で5分くらいのところにあるそうです。そして、このツアーの出発場所には戻ってこられず、おまけに出口は違う一般道に出るため戻ってくるのに15分くらいかかるとのこと。待合室でのんびり待つことにしました。


i12051203.jpg

看板がかわいらしい〜。欧州中世風?


i12051204.jpg

中はワイナリーに関する歴史のパネルと、こちらのワイン銘柄の展示が。
1本5万円の貴腐ワインも展示されてました。
中も本物でしょうか?瓶がみんな立ててありましたが…。


i12051202.jpg

それではまず『ワインセラー 見学ツアー』です。
案内役の女性が一人つきます。
ワイナリーの歴史やワインに対する取り組みなどの短いビデオを観た後、
入口近くの“ワインセラー”入口へ移動。


i12051205.jpg

山をくりぬいた構造で中は適度な湿度と一定の温度となっているそうです。


i12051206.jpg

樽熟庫の中はこんな感じです。
ひんやり涼しく、梅雨時期の物置小屋(?)のような匂いの中にワインの香りも。


i12051207.jpg

瓶熟庫にはラベルの貼っていない瓶がたくさん寝かされていて…。
出口手前、ワインが展示されている場所の上にあった瓶のシャンデリア。

このあと質問の時間があり、「希少な貴腐ワインてどのくらいできるんですか?」
「10年に2〜3度しかできません。」などなど、へ〜へ〜へ〜でした。
30分のあっという間ですが、ワインのことが簡単にわかってお手軽なツアーです。
楽しかったです〜。

次は、バスに乗ってワイン畑の見学です。


タグ:食べ物 山梨
posted by じぇ〜まま at 12:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック