2014年12月30日

2014年もあと少し

今年もあと2日となりました。

26日(金)は「“寒”川のドッグラン」で思いっきり走って遊んで


i14123001.jpg

楽しそうなジェイミーでしたが…


14122801.jpg

ただ今、こんなことになっていますふらふら


ランは小石というか砂利でした。昔、じぇ〜がこんなランでパッド周りの皮膚を擦って血が滲んでしまったのでちょっとイヤな予感がしたのですが…。やっぱりというか、ジェイミーもパッドの黒い所との境目が赤く擦れて、その後、舐めたおしてしまいました。

翌日27日(土)、消毒や軟膏とか必要ならと獣医さんに行ったら、他に傷がないか調べるということで足の裏をキレッキレにバリカンされ、獣医さんでのバリカン負けがひどいジェイミーの足、さらに真っ赤っかにもうやだ〜(悲しい顔)

なだめてもすかしてもエリザベスカラーを狂ったようにはずしてしまいます。カラーをしているとオヤツさえいりません!と固まって。仕方ないのでなめないように靴下をはかせていたら…。

その夜の9時。じぇ〜ぱぱが外に出そうなのを察知して狭いところから何かにぶつかりながら大急ぎで出てきたら、足が変!腰に力が入らなようなフラフラ、よろよろ。立ち方も変で後足に力が入らない?歩くと右足が内側に入って絡まってしまいます。方向転換の足さばきもできず横に倒れたり、前につんのめって倒れたり。爪を引きずる音も。

本犬は動く気満々で倒れつつも動こうとするのですが、立ち上がれずに転んでジタバタ。横たわっているときに小さく頭が左右にユラユラユラ揺れてます。これは、脳系?でも眼振はないし、斜頸もないし。玉ねぎとか拾い食いして溶血性貧血系?でも歯ぐきは問題なさそうだし、なにより元気と食欲があるし。椎間板ヘルニア系?あまり痛そうでないけれど、痛みよりも動こうとする気持ちが強いということ?伸びは普通にしています。深夜、獣医さんに電話で相談し、その状態なら明日の朝でも大丈夫そうということになりましたが、足にムリな負担がかかって擦れてしまったのか、とうとうパッド横の皮膚から流血までがく〜(落胆した顔)

翌日28日(日)、朝一番で獣医さんに行きました。レントゲンと血液検査をして…。結果、椎間板ヘルニアの5段階の1くらい、とのこと。何種類もの血液検査は炎症を示す値以外はすべて良好。これは足の怪我の可能性も。触診とレントゲンで疑わしいとのことでした。あと左足の“一本の足の肉球と反対側の足の甲を床につけた時の戻り”が遅かったそうです。じぇ〜が晩年そんな感じでしたが…。そういうわけで、1週間のケージレスト(絶対安静)と内科的治療となったわけです…。

本犬は本当に痛みはないのか、薬のおかげなのか、ただ今、大変元気です(^^;。足さばきもどんどん普通になり、行きたい方向にグイグイして叱られたり、右でも左でも普通に足あげてトイレしてるし、大きい方は最初から問題ないですし。ソファに上がらないよう、玄関の上がり框を上り下りしないよう、階段を使わないようにするのが大変ですー。

結局、原因は見てないのでわからないのですが、狭いところからイスの下をくぐってあわてて出て来るとき、靴下で足が滑ってグキッとしてしまったのかなと思います。とりあえず検査結果がひどいものでなくて良かったです。そしてアニコムに入っていて本当に良かったです

じぇ〜家はこんな年越しになってしまいましたが…

今年一年、大変お世話になりました。
来年もどうぞよろしくお願いいたします。

皆さま、良いお年を!




★ まとめ ★

■26日 : 砂利負けでパッドの境が赤くなる → ずっと舐める → さらに赤くなる

■27日 : 獣医さんに行く → 消毒薬とカラー処方 → 足の裏をつるっつるにバリカンされる → バリカン負けでさらに赤くなり血が滲む → 痛がって気にする → カラーさせる → 狂ったようにいやがり、おやつも効かない → 靴下をはかせる

急いでイスの下をくぐって出て来たら → 後ろ足がふらふら、腰砕け、歩くと片方の足が内側に入ってしまいヨロヨロ、ターンなど足さばきができない、つんのめる → 静かにしているときに頭が細かくゆっくり左右に振れる

※食欲あり(特におやつ)、フラフラする割にトイレと深いおしり突き上げ伸びはOK

■翌日 : 獣医さんに行く → いろんな可能性の検査をする → 左足に少し麻痺、背骨のあばら終わりあたりの場所のヘルニアの疑い、グレード1(5まで) → ケージレストの安静と投薬(ビタミン剤と神経伸ばす薬)

■3日目 : 次の日から見る見る良くなり…

■1週間 : 全くの普段通り → 定期健診 → 症状は見られない → 安静と投薬は続行

■3週間 : 走りたくてクサクサする → 定期健診 → 投薬続行、少しずつ散歩OK

■5週間 : 定期健診予定。← 今ここ

■余談 : レントゲン検査のとき、腸に土の成分がきらきらと大量に写っているとのこと。土は食べないので、前日のランでボールに付いた砂利や匂いを嗅いだ時に鼻に付いたのを飲んでしまった?最悪の場合、手術になることもあるので気をつけたほうがいいとのことでした。うん○に出てくるほどの量でもなかったのですが…(^^;

■余談2 : 最初、股関節ということも?とFCH犬なので繁殖関係のことを心配しましたが、原因が分かり、獣医さん曰く全く問題ないそうです。最初から伸びができたということは痛みもあまりないのか、とにかく大丈夫とのことでした。


posted by じぇ〜まま at 23:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | にっき| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック