2008年01月06日

2008年度の病院履歴…?

年始からいろいろなってくれます〜。
今年もメモっておきます。


昨年秋から続く、ひどい外耳炎(というより慢性蕁麻疹のような)と
お腹のカユカユは続いたまま…。
耳がひどくなりそうなときに坑ヒスタミン剤投与。

[1/04]
以前から、たまに出ていたのび〜る目やに。
昨年末から、左目に頻繁に出るようになってしまったので
涙の量の検査をしたら、両目ともドライアイとのこと。
今まではこの検査、ギリギリでパスしていたのですが…。
アトピーとの関係もあるそうで。
眼軟膏を1日2回。

[1/14]
シャンプーの後、息が変で発作?らしきもの。
これはもしかして、発作でなく乾燥すると気管が張り付いた時の息??
苦しそうなのに、焼き芋に反応して足取り軽くキッチンへ。

[1/14]
あごの下、右側にグリグリするもの発見。
リンパ節の腫れ
針を刺して細胞の検査。結果、どちらともいえず…。
奥歯が磨り減りすぎて、膿がたまっている可能性もありとのこと。
鹿ツノ厳禁に…。
抗生物質消炎剤、1週間投与。

[1/16]
元気がない。上を向けないようで、首振りもできない。
今冬ずっと2階で寝ていたのに、初めて階段を上がらず。
動くのもやっとで、時々固まる。
寝返りも打たず、ほとんど寝っぱなし…。
食事を途中で残したりもするが、一日分はしっかり食べる。
散歩の時、ちょっと元気になるが、家に帰れば固まる…。
どうやら頚椎でなく、肩甲骨あたりを傷めたらしい。
消炎剤、1週間投与。ステロイドは絶対禁止。
そして一週間の絶対安静。散歩もなし!

考えられるのは、その日の昼間、ネコを見たくて高さ2mくらいの
塀によじ登ったり落ちたりをしてたくらい…?(いつものこと)
痛いはずなのに、獣医さんに行ったら、以前先生が猫を抱いていた
受付の中が気になるらしく、手をかけて覗く(^^;
それにしても、お薬だらけだ〜(ーー;

2日間、ほとんど動けずに、おやつも動くのだったらいらない
と言う感じだったのに、3日目の18日(金)の夕方から急激に回復。
夜には耳が掻けるようになってしまって、テーブルの上の匂いも
嗅げるようになってしまいました。そして、いつものように
冷蔵庫の野菜室を開けるたびに足取り軽くキッチンを覗くように(^^;

相当痛かったようで、このまま後遺症が残ってしまうのかと
心配でしたが、なんとか元に戻りました。ホッ。

[1/22]
リンパ節の腫れが、一番大きい時でピンポン玉大だったのが少し小さくなる。
続けて抗生物質のみ1週間投与。お腹が緩めなのでビオフェルミンも。
右耳の外耳炎が薬を飲むほどではないが良くならず。
右耳だけ、分泌物は多いし、すごい勢いでボッと毛が生えてくる!
奥まで覗くも、見えるところまでは特に異常なし。洗浄&抜毛

[1/27]
グループレッスンなどのため、一日お出かけ。
夜、息が変で発作?らしきもの発生。
今までの中でも少しひどく、完全に落ち着くまで長かった。
動画に録って先生に診てもらおうと思うのだけど、
いっつも忘れてしまう(^^;。
深夜、いつもの右の耳の外耳炎がひどくなり、カユカユに。
掻き始めで止められればいいのだけど、じぇ〜ぱぱだったので放置。
耳を拭いて坑ヒスタミン投与。

[1/28]
リンパ節の腫れが、触るとまだあるのが分かる。
続けて抗生物質のみ1週間投与。お腹が緩めなのでビオフェルミンも。

[2/2]
早朝に起こされ下痢。前日の馬アキレス1/2のせい(^^;。
下痢はこの一回のみ。

[2/5]
いつもより長めの散歩のあと17:30頃、発作らしきもの。
右耳のみの外耳炎?、耳洗浄してもらう。
リンパ節はまだ小さくあるものの、経過観察。

[2/13]
右耳のみの外耳炎?、耳洗浄してもらう。
夕方、発作らしきもの。

[3/10]
目やにも出なくなって、ドライアイ、怪しいながらも検査パス♪
右耳だけの外耳炎、左耳に比べれば赤いけれど、最近、薬なしでOK♪
最近、カユカユなし!!束の間の幸せです〜。

[7月中旬]
左目。ドライアイの白くて伸びる目やにとは違い、
灰色でぶよぶよの目やに。
白目も充血。結膜炎とのこと。目薬1日4回

[8/1]
日中、ほんの軽くて短い発作?らしきもの。

[9月上旬]
のびる目やにが出るようになって、またドライアイ
眼軟膏を1日2回。

[10/8]
緩かったウン○が抗生剤を止めたので治るかと思いきや、
夜いきなり下痢・水様便
腸にも良いz/dウルトラのゴハンと前日z/dのクッキーを
あげたくらいで、他に思い当たることなし。
抗生剤で少し痛めていたのと、急激な気温の変化…くらい。
翌日午後まで様子を見るがほとんど泥水。
注射ブスコバンをうってもらいお腹の薬を。
お腹の薬2種類2個ずつ 1日2回(3日分)

[10/20]
一回良くなったのに、また形にならないくらいの緩めになる。
お腹の薬2種類1個ずつ 1日2回(6日分)


この後の記述がありませんが(^^;

11月12月は引き続き、耳のカユカユドライアイの一進一退、
お腹を中心とするカユカユでステロイドを飲んだり飲まなかったり、
なぜか下痢気味な日が多く、何日かに一度はなっていました。
原因は不明…。
そんなのが続きました。


※※※※※※※※

病気まとめ記事「じぇ〜の病気など一覧



今年度(8月)からアニコムが損保に変更となり、すごい値上げで6万以上にがく〜(落胆した顔)
なのに皮膚病(アレルギーだけでなく全て)は一切対象外とのことちっ(怒った顔)
今年10歳と言う年齢なので他に移ることもできず、仕方なく更新しましたもうやだ〜(悲しい顔)
というわけで、保険対象外のアトピー性皮膚炎は下へ

注:最後に患部の写真付きですので苦手な方はお気をつけて〜。
 
 
[4月下旬]
シャンプーのあと少し痒がる。
カユカユはそんなに出ていないので、ステロイドを1日2回、3日飲ませて様子見。

[5月中旬]
気温が25℃近くなり湿度も高くなったのでとうとうカユカユが…。
大きなカユカユが出来ては治り、出来ては治り…。
坑ヒスタミン剤を一番痒がる夜に飲ませて様子見。
ひどいようならステロイドへ。

[6月上旬]
気温が25℃近くなり湿度もすごく高くなったので、
とうとうすごいカユカユが!
大きなカユカユが出来て、繋がって直径5cmくらいのも!
ステロイドを1日2回服用。
いつもの量で少し効き目が弱くなっているかも…。
そしてステロイドを飲んでいる期間、少し尿漏れ…。

[6月下旬]
過去最大のカユカユ!こんなヒドイの初めてです!
大きさといい、多さといい…。
左耳も外耳炎ではなく、赤くはれ上がり…。
あまりにもひどいので、とりあえず落ち着かせるため、
抗生物質のほか、もろもろ、それにステロイドが2倍の量に。
10日間:抗生物質2個 1日2回 / 坑ヒスタミン剤2個 1日2回 /
5日間:ステロイド2個 1日2回 → その後:ステロイド1個 1日2回

下痢が心配です…。

[7月初旬]
なんとかよくなって来ました。そんなに痒がっていないのが幸いです。
下痢も緩めなくらいで…。お薬もう少し…。
5日間:抗生物質2個 1日2回 / 坑ヒスタミン剤2個 1日2回 /
ステロイド1/2個 1日2回

[7月中旬]
よくなって来ました。そんなに痒がってなく、小さいのができたり治ったり。
たまに耳が痒くなるのは、ステロイド入りの塗り薬で対処。
坑ヒスタミン剤2個 1日2回 / ステロイド1/2個 1日2回

[8月中旬]
またカユカユがひどくなってしまいました。
直径5cmが、手の脇に近い胸に2つ。脇や全身に赤いブツブツが多数。
耳も痒がってはいないけれど、ベタベタの耳垢でいっぱい。
耳洗浄・掃除・耳毛切り。
坑ヒスタミン剤2個 1日2回 / ステロイド1個 1日2回(増) /
10日分:抗生物質2個 1日2回(増)

[9月上旬]
耳はきれいに。カユカユはひどい状態。抗生物質を変更。
坑ヒスタミン剤2個 1日2回 / ステロイド1個 1日2回(増) /
10日分:抗生物質2個 1日2回(増)

新しい抗生物質にしてから1日に1度くらい吐く。固形物は無し。
胃薬追加。1日1回1個。

[9月中旬]
今までよりもあまりにもひどいので培養検査に。
結果、効く抗生物質が2種類くらいしかないとのこと。
うんちが緩くなったので抗生物質を変更。
坑ヒスタミン剤2個 1日2回 / ステロイド1個 1日2回(増) /
10日分:抗生物質1個 1日3回

[10月上旬]
ウン○が緩めになってしまったので、抗生剤ストップ。
なんとか赤味も収まって、新しくできているのは1ヵ所くらい。
カサブタも取れ、なんとか皮膚ができています。
おおきいところで直径10cm以上のハゲ(^^;
これから毛が生えてきますように…。
坑ヒスタミン剤2個 1日2回 / ステロイド1/2個 1日2回(減) /
ビオフェルミン3個 1日3回

[10/26]
体のカユカユは小さいのが1個くらいできては消えていたのが、
首筋に1個、右脇に大き目のが3個繋がってできる。
ステロイド1個 1日2回 3日間

[10/27]
左耳が真っ赤になってカユカユに。首振りっぱなし。
洗浄してもらって、ステロイド入り塗り薬を1日2回。


この後の記述がないですが…(^^;


11月ごろから、いつもと全く違ったカユカユができ始めました。
いつものは、大きな赤い丘状の腫れで、真ん中が膿んだような風になり、
それがかさぶたになってフケのように落ちて治る…でしたが。

股、足の付け根あたりが赤くなり、皮膚が少し象の皮膚のよう?
一応かゆみはあってなめたりしますが、そんなにかさぶたにはならず。
色素沈着もすごい?皮膚が黒くなってきた気が…。
じぇ〜のいつものカユカユは2次感染でああなるのですが
本来のアレルギーでこういう風に出る子もあるとのこと。
げーーーー、二重苦?!
出たり治まったりを繰り返し、11月12月はたまにステロイドくらい。


08121502.jpg

お股に近い白い毛の方の皮膚。
アトピー性皮膚炎から来る膿皮症になっています。
強い痒みの赤い丘疹ができ、それが膿をもち、ドーナツ状になって
内側から治っていき、かさぶたが剥がれ落ちてキレイになります。


08121501.jpg
 
胸の方の白い毛の皮膚。ここは黒い毛との境ぐらい。
毛に引っ掛かっているのが、かさぶたが取れたものです。
小さいのからどんどん繋がって、直径10cmほどになることも…。

ずっと同じフードをあげていても、特になにをしてもしなくても
出来たり出来ない時期もあったり、原因は本当に分かりません。
とにかく穏やかに過ごせるよう、ステロイドで抑えるくらいです。
 
 
タグ:犬の病気
posted by じぇ〜まま at 00:32 | Comment(4) | TrackBack(0) | う〜〜〜ん;| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
年始から大変だったね、じぇ〜くん。
のあは、年末なでなでしている時にしこり?を発見し、
慌てて病院に行き検査しました。
にきびのようなもので、たいしたことはなかったけど、
年始にまた、2つ発見!
また見てもらわなくちゃです。
少し若いしーたんは、全くないので、
シルバー世代に突入しているんだと、ショックを受けています。
Posted by ももいぬまま at 2008年01月08日 17:50
本犬は全然気にならないようなんだけど、
放っておくと角膜が傷ついたりして、よくないらしい〜。
軟膏を目に入れるのだけど、そんなに嫌がらず助かってるけど、
もし涙腺が復活しなかったらず〜っと続くのかも(^^;。

のあくんもしこりか〜。
怖いのもあるからドキドキだよね。
しーたんは以前、すっごく大きいのがあって気になって仕方がなかったけど、
ほとんど無くなっていてビックリ!!

ほんと、お互いシルバー世代ですね。
今まで以上に気をつけていなければ〜。
そろそろ足腰・関節もかな…。
Posted by じぇ〜まま at 2008年01月08日 21:23
内容が増えてる!!
それに・・
じぇ〜くん、エライことになってるやんか!!

人間でさえ、関節痛いと言って病院にたくさんの人が来てるよ!

骨は大丈夫?関節の問題??
のあ、病院で触診したとき、足に触れられるの嫌がって、
次週、関節の専門医に触診とレントゲンで確認してもらい異常なし。
異常があれば、即麻布大行きだった。

ほんとに、お大事にね、じぇ〜くん。








Posted by ももいぬまま at 2008年01月18日 23:06
そう、いきなり増えてしまったんです(^^;
もう、相当痛かったみたいでビックリなくらい辛そうでした。
何しろ歩くこともままならなくて…。

痛がる場所が肩甲骨らへんなので、筋肉とか筋でないかとことでした。
特にレントゲンとかは撮らなかったんですけど…。

でも急激に元気になって、いつもと同じにうるさくなりました。
鹿ツノがないことにブーブー言って、いつもかじってたカーペットの上に、
両手バンバン打ち付けてます(^^;
Posted by じぇ〜まま at 2008年01月19日 23:40
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック